男女で異なる骨盤

骨盤は、骨格の中でもっとも男女で形状の違う部分だそうです。
女性の骨盤は、男性と比較して、横に広がって縦に短くなっています。
そして、生理周期に合わせて開閉することが、男性とは違うことです。
男性にはこのような機能はないので、骨盤が歪んだり、開いたりすることはあまりないようです。

また、女性らしいスタイルを保つためには、骨盤はとても大切な部分と言えます。
骨盤の形状が男性と違うことから、女性のくびれたウエストやお尻のラインがきれいに見えるのです。
ところが、骨盤が歪んでいると、その女性らしさも崩れてしまうのです。

骨盤は、生理が終わった頃から排卵の時期までに閉じていきます。
そして、排卵があると、次の生理が始まる時期まで開いていくのです。
骨盤が閉じ始める時期は、お尻は引き締まっています。
それと反対に、骨盤が開き始める時期は、お尻が垂れてしまって四角く見えます。
これを女性は、生理周期ごとに毎回繰り返しているのです。

女性の骨盤の中には、卵巣や子宮などの女性にとって大切な臓器が入っています。
そして、これら臓器へ送られる脳から指令は、骨盤の中の神経によって伝達されています。
だから、骨盤が正常ではないと、神経が圧迫されていまい神経伝達がスムーズにいかなくなります。
そのため、生理不順や生理痛、子宮筋腫、そして不妊といった女性にとって深刻な症状が現れてくるのです。
また、排出する必要のある、おりものなどの老廃物を排出することができずに、体の中に蓄積した状態となり、お尻は大きくなりますし、下腹も出てしまうのです。