骨盤矯正ダイエットの効果・方法 > 骨盤の歪みによる便秘

骨盤の歪みによる便秘

骨盤が歪んでいると、姿勢が悪くなったり、さまざまな慢性的な症状が現れたりしてきます。

また、骨盤が歪んでいる人の多くは、便秘に悩まされているようです。

そして、便秘症の人の多くが、その他に冷え性やむくみなどのさまざまな問題も抱えています。

正常な状態の骨盤は、逆三角形の形をしています。

しかし、それが緩んだり開いたりしてしまうと、内臓にまで影響し、内臓がどんどん下がってきてしまうそうです。

そして、内臓が下がってくることで、下腹がぽっこりと出てきてしまいます。

また、骨盤が歪みは内臓が下がるだけでなく、もともとの骨盤の位置からずれてしまいます。

そして、腸や膀胱が圧迫されることになり、便秘になってしまうのです。

本来、腸はしっかりと骨盤内におさまっていなければならない、とても大きな内臓です。

ところが、開き過ぎてしまった骨盤内では、腸はだらっとしてしまうので、うまく働くことができなくなります。

このような、全体的に大腸の動きが悪くて、スムーズに便を送り出せない「弛緩性便秘」は、若物だけの悩みだけではなく、中高年もかかりやすいそうです。

便秘はとても苦しいものですが、その辛さは便秘になっている人にしかわからないものです。

便秘に悩んでいる人は、骨盤矯正ダイエットを行なって、正常な骨盤の位置に戻し、便秘を解消してしまいましょう。

骨盤矯正ダイエットを行なうと、さらにうれしいことに、美しい体を手に入れることも可能になりますよ。