骨盤矯正ダイエットの効果・方法 > 骨盤ダイエットのデメリット

骨盤ダイエットのデメリット

骨盤矯正ダイエットには、たくさんのメリットがありますが、デメリットは全くないのでしょうか。

ほとんどないに等しいのですが、あえて言うのなら、毎日欠かさずに続ける必要があることや、日常のちょっとした動作や姿勢でまた骨盤が歪んでしまうことです。
骨盤矯正ダイエットでもっとも大切なのは、毎日骨盤体操を少しずつ続けることです。
なかなか毎日続けるのは難しいことですよね。

仕事でクタクタになって帰ってくることもあるだろうし、一日中遊んできて疲れているときもあるでしょう。
また、風邪気味であったり、体調があまり良くなかったりする日もあると思います。
そんなときに、必ず毎日やらないと効果が出ないから、と無理に体操しても、体を痛めてしまったり、病気を悪化させたりしてしまう場合があります。

骨盤矯正ダイエットを長く続けるには、無理をしないでリラックスした気持ちで行なうことが大切なのです。
また、日常の中で、普通に生活していても、骨盤は歪んできてしまうものです。
それを、できるだけ歪ませないように心がけることが大切なのです。

そのためには、日常生活で歪む原因となる動作や姿勢はないか、よく意識してみましょう。
会社では座ったままずっとデスクワークをしている人や、立ちっぱなしの仕事をしている人は、脊髄や骨盤が歪みやすいので常に姿勢を意識して、仕事の休憩時間や合間などに、座ったままで行なえる骨盤体操を心がけると良いでしょう。
また、帰宅してから時間があれば、歪みや筋肉のこりをマッサージなどでほぐしましょう。

日常の中で少し意識するだけで骨盤矯正ダイエットになります。
デメリットとは思わず、自然と生活の中に取り入れられると良いですね。