骨盤矯正ダイエットの効果・方法 > 骨盤の歪みで生じる症状

骨盤の歪みで生じる症状

骨盤が何らかの原因で歪むと、体にさまざまな症状が現れてきます。

たとえば、骨盤の中にある仙骨は、深く女性ホルモンと関係しているので、この仙骨が歪むと、生理不順や不妊などの問題が生じる場合があります。

また、肌荒れにもなりやすくなります。

「腰椎」は骨盤と連動しているのですが、それが歪んだり傾いたりすると、腰痛を引き起こす原因となります。

また、骨盤がどちらかに傾いていると、大腸がうまく機能せず、便秘や下痢の症状が出やすくなります。

骨盤の腸骨は、1日のうちに何度も開閉しているのですが、何かの原因によって、広がり過ぎて閉じづらくなったり、逆に閉じた状態のままになったりすることがあります。

骨盤が開いたままになると、腸骨で支えられていた内臓が下垂してきます。

それにより、内臓の機能が低下するので、冷え性になりやすくなります。

骨盤は頭蓋骨にある後頭骨と連動しているので、骨盤が広がってしまうと、顔の骨格にも影響し顔が大きくなりますし、骨盤が歪むと顔の骨格までも歪んで、顔がいつもむくんで見えてしまうそうです。

さらに、骨盤が広がると、それと同時にお尻も大きくなったり、下半身に肉が付きやすくなったりします。

大腿骨は骨盤と連動しているので、骨盤が開くと大腿骨も開き、足が外側に向きやすくなります。

そして、O脚やX脚になってしまったり、猫背になったりと、悪い姿勢になってしまいます。

逆に骨盤が閉じたままですと、なかなか寝付けなかったり、不眠になったりします。

正常な状態だと、寝ているとき骨盤はもっとも開いています。

ところが、緊張していたり、不安なことがあったりすると、いつも骨盤が閉じたままになり、眠れなくなって不眠となってしまうのです。

また、いつも緊張状態であることから、怒りっぽくなりますし、常にイライラしてしまいます。

このように、骨盤の歪みは、体のさまざまな部分や精神面に、悪影響を与えることになります。

そのような症状に悩まされている人は、骨盤矯正体操などで、心も体もリフレッシュしましょう。