産後の骨盤矯正

骨盤とは、体の中心である背骨を支えている大事な骨です。

真ん中に穴が開いていて、出産する時には、赤ちゃんが骨盤の中を通り抜けていきます。

胎児がお腹の中で成長するのと同時に、お母さんの骨盤も開いてきたり歪んだりします。

骨盤をつくっている左右3対の骨は、しっかりと丈夫な靭帯で結びついています。

ところが出産が近づくと、ホルモンの影響によって、靭帯や子宮口が柔らかくなってきます。

そして、若干骨の継ぎ目が緩むことで歪みが起こり、少しずつ恥骨結合も開いてきます。

赤ちゃんは、この時横向きになって骨盤の中に入ってきます。

また、背骨の靭帯も緩んでしまうため、出産後、とても背中が痛むことがあります。

これらの症状がみられる人は、骨盤矯正をする必要があります。

このように、骨盤とは、妊娠してから出産するまで、いろんな動きをしていて、恥骨結合が緩むことで、出産後は必ず開いてしまうものです。

また、「仙骨」と言うお尻の骨も歪むことによって、骨盤が全体的に広がってしまいます。

そのため、とくに産後の骨盤は、緩んでしまった状態なので骨盤を矯正することが必要となるのです。

骨盤が開いたままの状態でいると、太りやすい体質になってしまったり、ストレスがたまりやすくなったり、腰痛などの症状を引き起こしたりする場合もあります。

さらに、骨盤が広がっていると、お尻の周りに脂肪が付きやすくなったり、お尻が垂れてきたりしてしまいます。

赤ちゃんを産んだのだから、もうきれいなお尻なんて手に入れられない、と諦めてしまわずに、骨盤矯正を行って、きれいなボディーのお母さんを目指してください。