骨盤矯正ダイエットの効果・方法 > 日常生活の中で骨盤矯正

日常生活の中で骨盤矯正

骨盤は、日常生活の中で少しずつ歪んだり、傾いたり、ズレたり、開いたりしていきます。

歪んでしまった骨盤は、すぐには矯正できませんが、日常生活の中で少し気を付けるだけで、徐々に骨盤を矯正することができるのです。

それでは、日常生活の中で行なうことができる、骨盤を矯正させるための方法を紹介します。

普段の生活では、いつでも腹筋を意識するようにして、時間が少しでもあるときは、腹式呼吸などを行って腹筋を常に動かすようにしましょう。

また、手や足で使っていない方があったら、意識して使うようにしましょう。

ガニ股の人の多くは、常に骨盤が開いたままになっているので、意識的に内股にするように心がけて歩きましょう。

また、盤を閉めるために、歩いたり立ったりしている時は、足の親指の内側に、ギュッと力を入れるようにしましょう。

ハイヒールなどのようなかかとの高い靴を履いていると、足の外側に力を入れて歩くようになり、それが骨盤を開いてしまう原因となります。

なるべく、自分に合ったかかとの低い靴を履くようにしましょう。

また、いつでも背筋を伸ばした正しい姿勢であることを心がけましょう。

いすに座る時も、深く腰をかけるようにして、背骨を曲げないようにしましょう。

そして、できるだけ足組みをしないように心がけましょう。

寝るときでも、横向きにならないように意識して、仰向けで寝るようにすることも大切です。

ただ、あまり意識しすぎて神経質になっては長続きしないので、骨盤矯正を日常生活の中で自然と取り入れる気持ちで行なってくださいね。