O脚の原因

骨盤矯正ダイエットを行なう前から、さまざまなダイエットを実践してきたのに、なかなか下半身がやせない、と悩んでいる人は多いと思います。

体重は減ったけどあまり下半身は変わらない人や、部分やせダイエットをしてきたけど、どうしても良い結果が出ない、という人は、脚が歪んでいる可能性があります。

とくに日本人の中には、O脚の人が多いそうです。

これは、生活習慣の中に原因があり、生まれつきのものではないようです。

正常な脚の人は、股関節から足首にかけてまっすぐな形をしていますが、O脚の人は、両ひざが湾曲して「O」の字のように変形してしまっています。

太ももからひざ、ふくらはぎ、そしてくるぶしが、引っ付かずにすき間がある人は、O脚と言えます。

横座りをすることが多い人や、あぐらをかく癖がある人は、O脚になりやすいそうです。

O脚になると、太ももとふくらはぎの外方向に力が入りやすくなり、その部分が発達して太くなってしまいます。

逆に、内側の部分やお尻の筋肉は衰えてしまい、体脂肪がつきやすくなったり、むくみやすくなったりしてしまいます。

骨盤矯正ダイエットを実践して、歪んだ骨盤を正しい位置に戻せば、O脚ももちろん改善されていきます。

また、骨盤を矯正することで骨盤が締まり、キュッと引き締まったヒップラインになります。

そして、歪んでいた脚もすっきりときれいになり、脚の長さだって伸びてしまいます。

骨盤矯正ダイエットで、今まで悩んでいた下半身ともお別れして、素敵なボディーを手に入れましょう。